ほくろ除去の手引き
ほくろ

ほくろ

誰でも一つは持っているほくろ。ほくろのない人などいないでしょう。ホクロとは俗称で、正式には色素性母斑といい、皮膚の一部にメラノサイトという細胞が集結したもので、黒く見えるものを言います。大きなほくろや鼻の横にあるのを嫌がる人が多いですが、取り除くことはできるのでしょうか。ほくろに似ていて、実は皮膚の病気だったということもあります。

ほくろについて

 

顔に一つもほくろのない人、顔中ほくろだらけの人、様々な人がいますね。
濃くてはっきりしたものや、色がぼやけてハッキリとしないものまであります。
そんなホクロのことを学んでいきましょう。

ほくろを知ろう!

ほくろにも種類があるのをご存知ですか?何種類かに分けられます。中には色が赤いものや、毛の生えたものまで様々なほくろがあります。それぞれを紹介していきましょう。

ほくろの疑問

今までなかったはずの場所に、気づいたらホクロができていたことってありませんか?ほくろは増えるのでしょうか。できやすい場所や年齢なども関係あるのでしょうか。ここで解明していきましょう。

ほくろの場所

皮膚であればどこにでも存在する可能性のあるほくろ。そのほくろができている場所について紹介していきます。

足の裏のほくろ

足の裏にホクロがあったら要注意!そう聞いたことはありませんか?どうしてなのでしょうか。併せて手のひらにできているものについても説明していきます。

顔のほくろ

顔のほくろは、できている場所によってはとても気になるものでしょう。それは本当にほくろですか?もしかしたらイボかもしれませんよ。また、昔から『ほくろは数えると増える』と、よく言われていましたが、それは本当なのでしょうか。



ほくろと病気の関係

ほくろだとばかり思っていて、実は皮膚の病気だということがあります。怖いものが多いので、知識として頭に入れておきましょう。

メラノーマ

メラノーマって一体何なんでしょうか。ほくろとメラノーマの違いを紹介します。

ほくろとがん

ホクロとがんの関係について触れていきましょう。ほくろに良く似ているので見落としがちです。どんなものがあるのでしょうか。



ほくろをケア

中には痒くなって盛り上がってくるものもありますが、ホクロも皮膚の一部です。肌とおなじようにいたわってあげなければ、大きくなったり増えたりしてしまいます。

ほくろのお手入れ

ほくろが気になって、いつもいじっている人がいますが、あまり刺激を与えるのはやめましょう。メラノサイトを増やさないように、紫外線対策も必要です。

ほくろの除去にむけて

気になるほくろを取り除きたい人もいるでしょう。自分で取ろうとする人もいるのではないですか?取り除いた後の傷跡はどうなるのでしょうか。また、再発しないのでしょうか。

ほくろの除去

ほくろを取り除くには、どんな場所を選びますか?皮膚科ですか?美容外科ですか?また、どんな方法で取り除くのでしょうか。方法を紹介します。




このページをブックマークする
copyright (c) 2008 ほくろ除去の手引き All Rights Reserved.
プライバシーポリシー