ほくろ除去の手引き
HOME>>ほくろについて>>ほくろの疑問
 

ほくろの疑問

あれ?こんなところにほくろなんてあったっけ?こんな経験、誰にでもあるでしょう。顔にばかりほくろがあるんだけど、顔にできやすいものなの?なんて疑問にお答えしていきましょう。

ほくろは増える?

 大人になってから増えた小さなほくろは、それほど心配のいらないほくろだと言われています。ほくろの数が増えるという解釈は厳密に言うと間違っています。確かに目で見て確認できるほくろが増えたのかもしれませんが、元々肌色だったほくろが紫外線の影響を受けてメラノサイトが活発になり、着色してしまって薄茶色や黒く色づいたものなのです。むしろ、元々あったホクロが大きくなってきたり、変形してくるようであれば、数が増えたと心配するよりも気にした方がいいでしょう。ほくろに似たものに、脂漏性角化症という皮疹がありますが、これはホクロではなく、上皮細胞の増殖性疾患と呼ばれるもので老化現象です。年をとると共に増えてくる良性の腫瘍です。

ほくろができやすい場所は?

 ほくろのできる可能性のある場所は、皮膚であればどこにでもできる可能性があります。では、『できやすい場所』というのはあるのでしょうか。それは紫外線のあたる場所と言えます。肌を露出している場所は、それだけ紫外線をあびることになりますので、メラノサイトが活発になります。メラノサイトが活発になるということはメラニンも生成されやすく、ホクロもできやすいというわけです。ですから、露出の少ない場所にほくろはあっても、数は少ないというわけです。反対に、日頃からさらけ出している顔にはほくろが多いと言えます。体の中でほくろが多い順をあげてみると、やはり一番多いのは顔です。次いで、首や脇の下、腕、手、肩、胴の順番です。更には下肢、手の平、足の裏と続きます。以外なところでは、頭皮にできる人もいます。案外髪の毛に隠れているので、分からないだけかもしれませんね。露出の多い場所にはできやすく、反対に少ない場所ではできにくいのです。紫外線対策を行っていると、ホクロが増える予防にもなりますし、顔にシミを作らないためにも、紫外線対策は大切ですね。

ほくろのできやすい年齢って?

ホクロは紫外線を浴び続けていると増えてくるものです。平たいホクロは色素班、盛り上がっているものを黒子と分類されています。ホクロは生後3〜4ヶ月を過ぎるとでき始め、個人差はありますが、幼児期から思春期にかけてできるのが多いようです。成人してから次々と出始めることもあるようで、一概には何歳ができやすいというのはないようです。

ほくろの疑問



このページをブックマークする
copyright (c) 2008 ほくろ除去の手引き All Rights Reserved.